初めて参加される方へ|虹の架け橋は伴侶の死・配偶者との死別を乗り越え、伴侶・配偶者・夫・妻)と死別された方が伴侶(配偶者)の死から立ち直るために死別からの回復を支援しグリーフ・ケアを行う集いです。プロの専門カウンセラーではありませんが、同じ境遇と気持ちを有する体験者ならでこそわかる、苦しみ、悲しみに寄り添い、最愛の伴侶の死と言う辛い体験をし、悲しみの中で成す術を失っている方々のために、共感し安心できる場を提供することを目指しています。

伴侶の死を乗り越える集い 虹の架け橋
大切な伴侶を亡くされたあなたへ

初めて参加される方へ

asagao

対象者:年齢40歳以上60代迄の方で伴侶を亡くされた方
(死別後7,8年以上経過された方でもお辛いお気持ちがある方はご参加いただけます)

初めて参加される方は ”こころの支援室"へご参加ください。
少人数で行われるのでゆっくりとお話しいただけます。

お申し込み・お問い合せについて

お問い合せフォーム画像または詳細情報よりご送信ください。
お問い合せのみも歓迎いたします。

こころの支援室参加ご希望の方は下記詳細情報または問い合わせフォームより
@死別時期
A○月○日○時のこころの支援室参加希望
と入力してご送信ください。

お問い合せまたは返信等やりとりはメールのみとさせていただいております。
電話または郵便での返信はいたしかねますのでご了承ください。
代理の方の(意思での)ご参加・ご入会はご遠慮ください。

※ご注意ください:パソコンや携帯電話などでメールの受信拒否を設定されている場合が非常に多くなっています。虹の架け橋から返信がない場合などこれに当てはまります。
受信拒否になっていなければ必ず返信いたします。
返信が来ない等のクレームがありますが、ご自身のメールアドレスが受信拒否になっていないかを確認・解除の上お問い合わせください。

※会場には安心・安全のルノアール会議室を利用しています。

虹の架け橋では、新しい方が気軽に参加できるように「こころの支援室」「談話室」「プログラム」等のルノアールの入口を開放したままにしてあります。

<個人情報保護及びお話された内容について>
伴侶の死を乗り越える集い ”虹の架け橋 ”では、氏名、連絡先等個人情報については、当スタッフ運営委員会と当方の事情で開催日の変更等があった場合の連絡、および事務局からの情報提供のみに利用し、他の目的では利用いたしません。
皆様が安心してご利用いただけるよう、皆様の個人情報を守り、個人情報を適正に管理し保護するための方針を定め、その徹底に努めています。
当該者の承認なく,当該情報を外部へ公開することは決してありませんのでご安心ください。

またメモ、録音、写真をとることはできません。
布教、営業、政治活動、取材等はお断りさせていただきます。

詳細情報

こころの支援室

虹

こころの支援室

死別間もないの方または年数は経ったけれどまだお気持ちの辛い方の為の少人数で行うミーティングです。

伴侶と死別直後で不安いっぱいの方を対象にした少人数で行うこころの支援室です。また新しい仲間との出会いは死別からの大きな力になります。
スタッフも最愛の伴侶を亡くした死別経験者です。

”伴侶を亡くした方の気持ちを手助けしたい”そんな気持ちでお互いに対等な立場で話を聴き、サポートを行いたいと考えています。

安心・安全なルノアール喫茶室での開催となりますのでどうぞお気軽にご参加ください。

日 時:平成30年6月2日(土)PM3時〜5時 (定員となりました。)

場所:飯田橋ルノアール2階会議室1号室
会 場 飯田橋西口ルノアールマイスペース2階
(入口より左奥へ進んでいただきお入りください)
対象者  伴侶(配偶者)を亡くされた方(年数は問いません)

参加費  1,500円 (会員の方は1,000円)
(会場代・お茶代含む 当日会場でお支払いください)

申 込 お問い合せフォームにてお名前・死別時期をご記入の上お申込みください。
携帯電話などでメールの受信拒否を設定されている場合には解除をされてからお問い合わせください。
(事前予約要:人数により中止となる場合があります)

※参加ご希望の方は必ず事務局まで連絡願います。
※予約なしでの直接ご来場はご遠慮ください。
※参加キャンセルされる方は事前に必ずご連絡ください。

詳細情報

死別回復支援プログラムをおすすめします

アジサイ

死別回復支援プログラムについて

8人前後のグループで、死別後に訪れる「悲嘆のプロセス」に基づき、参加者同士が自分の経験を話し、気持ちを分かち合い支え合うことで伴侶を失った悲しみから立ち直ることを目指します。

同じ体験をした者同士が、孤独・後悔・罪悪感など、さまざまな感情を共感することにより、連帯感が生まれ今後生きていく上で大きな支えとなってくれる仲間とも巡り合えることでしょう。

参加して下さっている方からは、
・初めて、伴侶の死について話が出来てよかった。
・一人ではないんだと思えた。
・同じ病気の人の話を聴けて少し楽になれた。
などのお声を頂いております。

伴侶を亡くされてからの月日や年齢、性別も様々ですが、皆、喪った伴侶を思う気持ちは同じです。 
ご自分の辛い気持ちを吐き出し、また、他の方のお話を聴くことにより、このプログラム終了時には、少しでもお元気になっていらっしゃることを、スタッフ一同願ってやみません。

伴侶を亡くされて間もない方を対象に8人前後のグループで「悲嘆のプロセス」に基づいて、参加者同士が気持ちを分かち合い、伴侶を喪った悲しみから立ち直ることを目指します。

ご不明な点は、事務局までメールにてお問い合わせ下さい。 

                   虹の架け橋事務局

詳細情報
雀

*虹の架け橋 Q&A* 

Q&Aの画像をクリックしていただくと表示されます。