虹の広場(広報)|虹の架け橋は伴侶の死・配偶者との死別を乗り越え、伴侶・配偶者・夫・妻)と死別された方が伴侶(配偶者)の死から立ち直るために死別からの回復を支援しグリーフ・ケアを行う集いです。プロの専門カウンセラーではありませんが、同じ境遇と気持ちを有する体験者ならでこそわかる、苦しみ、悲しみに寄り添い、最愛の伴侶の死と言う辛い体験をし、悲しみの中で成す術を失っている方々のために、共感し安心できる場を提供することを目指しています。

伴侶の死を乗り越える集い 虹の架け橋
大切な伴侶を亡くされたあなたへ

スタッフ養成講座

★第1回「スタッフ養成講座」の報告★

 第1回目のスタッフ養成講座が、平成30年4月7日(土)に開催され、6名の方(女性5名、男性1名)にご参加いただきました。
5時間という限られた時間の中で、グリーフケアや傾聴(ロールプレイ含む)等を行い、皆さん目的意識が非常に高く熱心に受講されていました。これから“虹の架け橋”の行事の中で活躍していただける事と思います。
以下養成講座を受講され新しくスタッフとして加わった方の“スタッフとして活動するにあたっての気持ち“を掲載させていただきます。

*主人と死別して丸7年が経ちました。昨年支援プログラムに参加し、間もない方より元気になっていると感じ、先行きが不安に思っている方に、微力ではありますが少しでも寄り添っていきたいと考えています。(A)

*虹の架け橋に 入って3年過ぎました 。絶望と孤独感が、固い氷に閉ざされておりましたが、通わせていただき出逢った皆さんと共感し合える事で、氷が少しずつ溶けています。心の拠り所です。 少しでも 恩返し出来たらと宜しくお願いいたします。(I)

*勇気を出して初めて虹の会に来たことは、今も忘れません。悲しみは忘れませんが、私は前に向かっています。
虹の会のお蔭です。夫が繋いでくれた縁を大切に皆様と共有したいと思っております。(K)

*初めての談話室で緊張しながらもベラベラと吐き出したときに、頷いてもらえたことにとても安心しました。「勇気を出して来てよかった」と、安心して参加していただける雰囲気を大切にしていきたいと思っています。(О)

*先般、担当、第一回目の「お食事会」開催させて頂きました。沢山の御参加、有難うございます。皆様の「交流の場」として楽しくお過ごし頂き御満足されます様、企画して参りたいと存じます。皆様の御参加お待ちしております。(S)

*自分の人生を預けてきたような相手が逝ってしまった時に、そこからどう立ち上がって生き直すことができるのか・・・・皆様と共に何かが見つかればと願っています。(N)